LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜂の巣ハウスのもうひとつのコンセプト(?)はスライドパーテーション

天井まである引き戸で、開くと隣の部屋との空間がひとつになって開放感がでる(?)、かな(?)と思ってつけたものです。

居間と和室の間にはミクオ仕様の白い引き戸3枚、居間とキッチンの間には光を透過するすりガラス状(材質はプラ)の引き戸4枚、と合計7枚。

このスライドパーテーションがバカ高い

積水ハウスでの見積もりでは1枚4~5万円のところが、住林では1枚9万円ほど。

同じようなものなのに何故か倍ほどの値段の差があり、7枚もある家では、提案工事費のほとんどをこの扉が占めることになってしまいました。
現場に行くと、2階でTさんがフローリング貼りをしている間、1階でKさんが和室とリビングの間の建具を取り付けていました。

「今は建具屋じゃなくて、大工がドアも取り付けんだよ~」

とおっしゃっていましたが、リビングとキッチンの間のスライドパーテーションは建具屋さんが取り付けるそうで、素人にはわけがわかりません。


じっと工事を見ていると、Kさんが、

「できたけど、開けてみる?」

とすすめてくださいました。


で、開けてみる。


あ、開けにくい………!!


3枚の扉を和室側の壁面に収納するのですが、リビングからは右に向かって開けていくのに、3枚目の扉(最後に取り出す)のリビング側の取っ手が左側(戸袋側)についているんです。

扉L

↑扉をリビング側から見たところ。
 一番左の扉の取っ手が左側(戸袋側)なので、開けるときに取っ手に手がかけられない



開けるときに取っ手がない

建具を直接手で引っ張る

白い建具が汚れる

う~~~~


全部の建具の取っ手が右側についていたら、順調に開け閉めできるのに~。


ちなみに和室側からは全て左側(開ける方向)に取っ手がついています。
(なので、反転させても無駄)

扉和

↑同じ扉を和室側からみたところ。


Kさんいわく、

「この引き戸は、和室に入る人が閉めるもんだから、和室から開け閉めできればいいの。
 和室の襖の取っ手はみんなそうなってるよ~」


とのこと。
うちは和室に誰か住むでもなし、リビングから開け閉めするのに~~!
設計図の展開図を見ても、そのようになっていましたし、建具のセットもそのように組まれてセットされているようです。

しかし、開けにくい。
つーか、白い建具だけに汚れが心配です。

次回、生産さんに確認だな~。



にほんブログ村 住まいブログへ



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikorin85.blog118.fc2.com/tb.php/84-0e8017a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。