LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家を建てることになってから、わん太郎の意外な美点が発見されました。

それは………
細かい作業を実に丹念にする
ことです。

見積もりをもらうと、必ず明細書ももらい、一つひとつの項目をきっちり精査していきます。
この作業は、超短期で丼勘定のはちこには、気の遠くなるような地味で細か~い作業なのです。


実際、明細書を見ると思った以上のミスが見つかります。
解体の見積もりでは、建物の面積や残土の量(わん太郎が計算しなおした!)が間違っており、気付かなければ20万円ほど高く払うことになっていました。

ところで、うちは契約後に間取りが変わり、家が2坪広がりました。
値段のほうも150万円以上、ドーンと値上がりしてしまいました。

そんなもんかな、と思っていたのですが、わん太郎が再度明細書を出すように要求し、もらった明細書を見てみると………


2階の寝室が少し広がっただけなのに何故か

1階の襖が6万も値上がり(うちには襖はない)

階段が何故か1万円値上がり

部屋数は変わらないのに火災報知機の数が増えている

外観の、つけ梁をする面積が1/3以下に減ったのに、料金は半額にもなっていない



などなど、ちょっと見ただけでも妙な値上げの数々。明らかにおかしい部分だけでもすでに
10万円は超えています。

他にも材料費などが2坪にしては上がりすぎている感もありますが、悲しいかな、素人にはわからない部分です。

しかし、明細書を見なければ言うなりに払っていたはず。しかも明細書は要求しなければ出てこないので、要求しなかった人は、ありもしない襖に6万円も払っていたことになります。

故意かミスかはわかりませんが、ズルしてる感じは否めません。

契約したら後は好き放題なワケ?
住林みたいな大手がこんな適当な見積もりで顧客を騙すなんて…


前の営業Sさんも、そういう不明朗会計が信用できなくて降板してもらったのに、営業次長のNさんが担当しても同じことをするなら、それは住林の体質だったということなのでしょうか。
一気に信頼がなくなってしまいました。

ふだん温厚なわん太郎も
「こんな騙すみたいなやり方は納得できない。
 これがはっきりしないなら、契約が破棄になってもいい」

と怒り心頭。

明日の打ち合わせは、この話だけで終わりそうです。


にほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト
コメント

ひっひどい!!
私でもきっと見過ごしてそのまま払っちゃうわ・・・

あ、ぜひ打合せにはボイスレコーダーをご持参ください!何かのため・・・
2007/10/27(土) 05:17:16 | URL | よね #-[ 編集]

おや!

ひどいですねぇ。

これは徹底抗戦するべきでしょう。

しかし、住友林業ともあろう大手が・・・こんなことするのですね。

ウチの担当は大丈夫かなぁ
見積書を見るのはしばらく先の話になると思いますが・・

事後報告お待ちしています。
2007/10/27(土) 14:45:20 | URL | ロッシー #vQU5PwVA[ 編集]

よねさん、ロッシーさん>

本日行ってきました。
襖の代金は、洋室で計算していたものを和室に直したものだったり、階段の値上がりは、吹き抜けの壁がなくなったため、とひとつひとつ説明してもらい、だいぶ納得しました。

ただ、材料費や煙探知機は、床面積から自動的に計算される、という回答で(それは住林の利益も含まれる)、素人にはわかりませんでした。
2007/10/27(土) 22:33:29 | URL | はちこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikorin85.blog118.fc2.com/tb.php/30-eb3af550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。