LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひと昔前なら、部屋の照明は各部屋にひとつずつひっかけシーリングがあって、そこに蛍光灯をつけて終了!
……でしたが、今や照明のプランニングもコーディネーターがついて、かなり綿密なプランニングをする時代になりました。


インテリアコーディネーターのTMさんが作って下さった第1案もダウンライトを多く使ったなかなかムーディーな照明です。
さすがプロ
よく考えてあって、素人の私たちには余り変更点は見つかりません。

にほんブログ村 住まいブログへ
しかし、 すでに契約時より300万もコストアップしているため、照明選びは主に
いかに予算を減らすか
という、ハナからマイナス方向への話し合いとなりました。

ダウンライトは丸いものより四角いもののほうがおしゃれで好きなのですが、丸いものが5千円なのに対し、四角いものは9千5百円と2倍!近くもします。
ダウンライトは家中で20ヶ所もあるため、差額はバカにならず、四角いタイプは断念することに。
ただコーディネーターのTさんいわく、丸いタイプの方が光が丸く綺麗に広がっていいそうです。


ダウンライト丸

丸いタイプ


ダウンライト四角

四角いタイプ


リビングに繋がる和室は、和コーナーという雰囲気なのでダウンライトを使いたかったのですが、ダウンライトの取り付け費用は通常の費用に加えて1個あたり1300円もかかるそうです。ちなみに同じく大手のS水ハウスでは1個あたり千円もしないそうで、
住林ちょっとぼったくり……???
ダウンライトを4つつけるとなると6万近くなり、これも断念となり、一番安い蛍光灯をつけることになりました


テーブルの上にはペンダントライトを3つ吊す予定ですが、今の4人掛けテーブルを大きいものに買い替えたときに照明を動かせるようダクトレールを天井に取りけることにしました。
ダクトレールをつけておけば、自分で照明を買ってきてつけたり、動かしたりがとても簡単にできます。

天井につけるものと、ひっかけシーリングにつけるものの2タイプがあって、ひっかけシーリングタイプのほうが安くて、取替えも簡単なのですが、ここは見た目を重視して、天井付けにしておきました。

しかし住林で提案された照明器具はだいたい定価の約20%引き。
ネットで見ると、ほとんどが半額近くで売られています。

そのため、ひっかけシーリングに自分で取り付け可能なものは施主支給に、ダウンライト以外で、電気工事の必要なもの(ブラケットなど)も、施主支給にすれば、だいぶコストダウンになります。

照明器具の一部施主支給は、設計のTさんはあまり乗り気でないもののOKしてくれましたが、インテリアコーディネーターのTMさんは、
絶対ダメ!!!
と頑なです。

「そんな~~。設計さんはいいって言ってましたよ」
と言っても、ダメ。

営業Nさんに、
「なんとかなりませんか」
と陰で頼んだところ、設計さんと相談してくれるとのこと。
宜しくお願いしますよ~~~。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikorin85.blog118.fc2.com/tb.php/25-aa0a2792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。