LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住林の間取りができてきました。

住林間取り


個人的に工夫した点は、
①各部屋に収納を作り、その部屋のものはその部屋でしまえる。
②和室に2つ収納を設け、近い将来は和室で子供が遊んだときのおもちゃ
 の片付け場所、遠い(?)将来は仏壇に備えたスペースとしました。



和室は独立した客間にしたかったのですが、そもそもあまり来ないお客さんのためにひと部屋おいておくのももったいないので、リビングとつなげ、ちょっとお昼寝したり、洗濯物を座ってたたんだりできる畳コーナー的和室になりました。
こうなると、急なお客さんに備えて掃除に勤しまなくてはなりません



ところで、お風呂やトイレの近くの廊下。
住林は尺モジュールが基本のため、廊下幅が壁-壁で78cmしかありません。

78cmでは車椅子が通りぬけるのにギリギリ。
方向転換は全くできず、廊下から脱衣所に曲がることも困難な状態です。

はちこ「廊下の幅が狭すぎますよ」
設計さん「じゃあ、廊下幅を1030mmにしましょう。そうすれば壁-壁で90cm
     ありますよ」

はちこ「それでも狭いんだけどな~~」
設計さん「脱衣所とキッチンの引き戸をバリアフリー仕様の幅広のものに
     しましょう。そうすればキッチンの方から縦に脱衣所にアプローチ
     できるのでは…」


住林は尺モジュールなのですが、木造の強みで
数cm単位で大きさを変えられるのです。
『自由設計』と言われるゆえんです。

では、廊下は1030mmに…と決まりかけた時、

わん太郎「ちょっと待って、廊下が広がるということはリビングが…」
設計さん「ええ、10畳から9.6畳になりますね」
わん太郎「え……っ!!!」

広いリビングはわん太郎の一番の希望です。
リビングが狭くされてはたまらないと、必死に抵抗します。

わん太郎「はちこだって、キッチンが狭くなるのイヤだよね!!」
はちこ「いや、廊下の10cmは大事だけど、広いキッチンの10cmくらい平気。
    それに、トイレの幅も広がって掃除もしやすいし。」


将来は自分たちのためとは言え、元はと言えば車椅子のはちこ姉のために始まったバリアフリー計画。
外構の値段が高くなったり、1階の面積が大きくなったりと、色々とわん太郎も我慢してくれましたが、リビングだけは譲れなかったのでしょう。

結論は
キッチンの前の廊下だけ1030mmに広げる
で落ち着きました。
どこまでもなんちゃってバリアフリーです。


ところで、以前積水ハウスで書いてもらった図面が出てきました。
5ヶ月も経ったのに、笑っちゃうほど殆ど変わらない間取り…
でも積水はメーターモジュールなので何となく広々としています。
廊下幅も問題なし。
まあ、今頃言っても詮無きことですが…


積水間取り

かつての積水案…あれから何度となく打ち合わせしたのにほぼ今のかたち



にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
コメント

こんにちは。
和室の収納はなるほど~でした。
もし、収納奥の洋室との壁が体力壁でないなら
収納の一つは洋室側からも使えるのにすると便利ですよ。
開放して扇風機を当てれば湿気が籠もらないし
子どもの洋服やおもちゃを置いたり。
押入って奥行きがありすぎるので使いにくいし。

床を洋室のフローリングにしておけばキャスター付きの収納を出し入れしたり
リフォームで通路にしたり出来ます。

いかがでしょう?
2007/10/13(土) 15:30:37 | URL | とむ #0VjAYkvw[ 編集]
両方からの収納!!!
両方から使える収納!!
それは気付きませんでした。
収納を洋室用にするか和室用にするかすごく悩んで2つとも和室用にしたのですが、両方用のほうが便利そうです。
設計さんに聞いてみますね。
2007/10/13(土) 21:04:07 | URL | はちこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikorin85.blog118.fc2.com/tb.php/20-09dee382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。