LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家を建てるときに、まず決めておかなくてはならないのは、
幾らなら払えるかということです。

はちこ夫婦は子供ナシ共稼ぎ(DINKS:Double Income No Kidsというのはもう死語ですか?)なので、今現在のところの収入にはあまり問題がありません。

しかし、問題は
この1~2年で子供が欲しい
と考えていること。

共稼ぎ生活で家計のヒモがだいぶゆるくなっているうえ、ウチはいまのところはちこの収入がわん太郎の収入をだいぶ上まわっているのです。
当然はちこが産休、育休に入れば、
収入は半減どころか約1/3に……

返済計画を立てるうえで、はちこの収入を当てにしていては、子供ができた時点で行き詰るのは目に見えています。かといってローンのために子供をあまりにも小さなころから保育園に入れるのも可哀相な気がします。

というわけで、ローンのシュミレーションは
夫がひとりで返せる額(+α?)
としました。

結果として、今のマンション+駐車場代の9万円とほぼ同じの返済額になりましたが、持ち家になると住宅手当がなくなるうえ、ボーナス時の支払いがあるので、今までよりはだいぶタイトになります。

計算してみたところ、ローンが始まってはちこが育休に入ったら、お小遣いが今の半分になると判明したわん太郎は、あれほど嫌がっていたのにもかかわらず、
育児休暇…ぼくが取ろうかな~~
と弱気な発言です。

住林との契約は契約後もオプションであがっていくことを加味して、
(ローンを組む予定の額-200)万円

になるように営業Nさんにだいぶ無理をいいました。

無理を言い過ぎてNさんに、
「はちこさんところの値引きを認める代わりに、ノルマを2棟ふやされましたよ 
誰か紹介してくださいね!!」

と言われる始末。


オプションで200万円もあがらんだろう…とタカをくくっていたのですが、ところがどっこい、以前の日記でも書いたように、
契約後に家が2坪広がる

という大幅変更があり、エアコンの隠蔽配管4台分(約60万円)もお願いするとなると虎の子の200万円も風前の灯です。
もっと余裕のあるお金の計算が必要だったな~と反省。


余裕のなくなったはちこ家、家電や家具も今のマンションのものを使い、新築の家の2階には多分
カーテンも電気もベッドもないことでしょう…。


にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikorin85.blog118.fc2.com/tb.php/19-99eefd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。