LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事情があって、この子を育てることができません。
どうかよろしくお願いします。
名前は凛々子です。



という手紙とともに、玄関の前に捨てられていたこの子。


                

              りりこ 001



玄関の前に置かれていた凛々子ですが、実は、カゴメがトマトジュースなどを作るために開発したという、やんごとないお家柄の出身なのです。

しかし、うちのお庭の狭い家庭菜園は、半月ほど前に桃太郎トマトやピーマン、ししとうなどを植え付けて既に満員。
プランターもミニトマトやゴーヤ、紫蘇、バジルなどで空きはありません。

「もう植えるところもナイんだよね~」
ともらわれっ子の凛々子に冷たく当たっていたわん太郎でしたが、凛々子とともに入っていた説明書を読むと……


うまく育てれば、真っ赤で大きなトマトが50~60個も収穫できるとのこと。

さすが、やんごとなきお家の出身です。

さっそく、わん太郎は贔屓を始め、ミニトマトを狭いプランターに追いやり、大きめのプランターに凛々子を植えて、その上、そのプランターをダイニングから一番見やすい位置に移動させました。
これで、凛々子が成長した暁には、親を養ってくれることでしょう。


ちなみに、凛々子は姉が懸賞で当てたようで、手紙の主は母でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。