LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        065.jpg

3月中旬にジャガイモを植えました。
食品ストッカーの中にうっかり忘れ去られて、芽が出てしまったジャガイモを半分に切って2つ。

素人夫婦なので、適当に畑を耕し、適当に植え付けました。

…しかし、2週間ほどしても芽がでません。

「深く植えすぎたかも…」
というわん太郎の証言を元に、もう一度掘り起こすという、ガーデナーとしてあるまじき行為をするハメに…


しかし、掘り起こしてよかったです。やはり深すぎました。
ものの本によると、ジャガイモの上には5~6センチの土がかぶるくらいの深さに植えるのが適当らしいのですが、ガッツリ15センチほどのところに植わっていました。

危うくタイムカプセルになるところでした。


植え替えて1週間足らずの4月上旬には2つの小さい芽が出てきました。


       001.jpg



ジャガイモって、イモはかわいいのに、芽はちっともかわいくないですね!
毒々しいというか、何というか…。

本人(本イモ?)に言うと、イモが気を悪くするといけないので、水を遣るときは、
「かわいいね~。元気だね~」
とお世辞を言いながら水をやっているのですが、果たして曲がった性格に育たないか、心配です。




   



スポンサーサイト
庭の話ばかりでスミマセン!
だって~面白いんだも~ん♪


面白いです、庭。


私は幼稚園の頃から土いじりが嫌いで、幼稚園の先生によく叱られたり、心配されたりしていました。
単純に、指紋の間に土が入り込むのがキモチ悪かったのですが…

今でも土をいじるのはイマイチ好きになれないのですが、やってます。


ブロッコリーが終わったので、ついに待望の夏野菜を買いに行きました。

ものの本(といってもNHKの趣味の園芸ビギナーズばかりですが)によると、初心者でも簡単に栽培できる野菜と難しい野菜があるとのこと。


もちろん、簡単なものを選んで買ってきました。
畑が狭いので、植えられるものが少ないのが難点。

畑に植えるもの…ピーマン万願寺とうがらしトマトオクラ
プランターに植えるもの…ミニトマトバジルルッコラ
鉢に植えて柵に絡ませるもの…ゴーヤ


今年は手始めに、これだけ育ててみます。

うちの畑は狭いので、連作障害の出る野菜は止めておいたほうがいいらしいので(連作できないとなると、畑を休ませなければならないため)、連作障害の出ないトマトというのを買ってきました。
どうして連作障害が出ないのか、ホントに連作障害が出ないのかは分かりませんが…。


ところで、ものの本(同上)によると、トウモロコシも栽培が簡単、と書いてありましたが、本当でしょうか??
うちの実家の菜園で、子供のころ何度もトライしましたが、いつも実の付き方がイマイチで成功したためしがないのですが…
                 101.jpg


お庭が楽しい季節になってきました!


マンション住まいだったときは、季節の移ろいを漠然としか捉えていなかったのですが、お家に移ってからは、庭の木の芽や、お花、野菜の収穫、前の家の影の長さなどによって、はっきりと四季を感じるようになりました。


写真はわが家のヤマボウシ。
今年の2月に植えられたので、まだ一度も葉を拝んだことはなかったのですが、ようやく芽吹いてきました。


わが家には4本の木を植えたのですが、2本は落葉するエゴノキとヤマボウシ、あとの2本は常緑樹のシラカシとシマトネリコ。

落葉樹は冬寂しいかな…と心配したのですが、確かに冬は枝だけで寂しいものの、春になって小さな芽が一斉に出て、ぐんぐん成長する様を見ていると、その生命力の力強さに、春の訪れへの嬉しさがより一層深まるような気がします。

                 071.jpg


今期のブロッコリーは収穫おさめ。
次は夏野菜の植え付け。
何を植えようかな!!
        048.jpg


春ですね。

夫・わん太郎の職場では、
家を新築すると転勤になる
というジンクスがあるため、戦々恐々でしたが、無事残留となりました。


代わりに(?)転勤になったのが、我が家の担当営業Nさん。
転勤の挨拶のお電話がありました。

家が建って3ヶ月以降は、基本的にアフターさんの担当になるため、営業さんとはあまり接点がないのですが、いざいなくなるとなると寂しいし、ちょっと不安な感じです。


代わりに我が家の担当になったのが、Fさん。

Fさんはこれまでに2回我が家にお客さんを案内しに来たこともあり、名刺ももらっていたのですが、ごく最近まで、

小・中学校の同級生だった

ということにお互い気づきませんでした。


もと同級生に、敬語で話されるうえ、奥さん呼ばわりされるのは何とも変な気分。

ちなみに私は「コッコ」(Fさんの小学生時代のあだ名)呼ばわりですが…


ずっと地元にいると、ホント思わぬところで知人と再会するものですね。
(ちなみに今の家も、もとは高校の同級生の家が建っていた土地、ということにごく最近気づきました)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。