LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新居に移ってはや3週間。
だいぶ慣れてきましたが、最初の日の感想は、

「怖い!」

でした。


マンションの高層階に住んでいるときは、通路側の玄関と窓の鍵をかけたら、それでオッケー(な気持ち)。
夏なんか、バルコニー側の窓全開でお出かけしていた無防備なはちこ家でしたが、一戸建ては
「どこからでも侵入できる」
と思うと、恐ろしくて、最初の頃は小さな物音にも過敏になっていました。



住林のお家は基本的に1階の窓ガラスは割れにくい防犯ガラスです。
(積水ハウスでは2階も防犯ガラスが標準だそうですが…)

それに加えて窓サッシは1階2階とも2重ロック

サブロック


窓の下のサッシにサブロックがついています。


現在、出勤するときは、1階の窓のシャッターを全部閉めています。
1階の和室はブラインドシャッターにしてあるので、ブラインドを少し開けて換気することもできるのですが、最近では家に帰ると、すべての窓を全開にしてムッとした空気を入れ替えるのが日課になっています。
2階はバルコニーに面した窓だけにしかシャッターがないので、それを閉め、あとは2重ロックで対応するしかありません。


セコムとか、警備会社と契約しておけばよかったかも…
と思いますが、幸い家の周りは昼間お家にいらっしゃる人が多く、人の目があること、夜は町内会で自警の巡回をしているので、それに甘えている状態です。

同じ市内にあるはちこの実家、わん太郎の実家ともにこの数年で空き巣に入られています。
(しかも、はちこ妹は空き巣とモロ鉢合わせ!)
昔にくらべて防犯技術は格段に向上したはずなのに、泥棒の件数は増えている気がするのはどうしてなんでしょうねぇ。


にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
昨年9月の家の契約のさい、擁壁を含む外構1期工事と階段や駐車スペースなどの外構2期工事も当然のものとして一緒に契約しました。
家の契約を焦った住林に、
「外構のほうは後でじっくり検討してもらえばいいので、とりあえず契約を」
と言われ、緑化とも契約したはちこ家。

住林と緑化は別なので、一緒に契約する筋合いはなかったのですが、その時は最初から緑化の担当者も決まって同席しており、セットのように契約しなくてはならない、と思い込み、不勉強な私たちはつい契約してしまったのです。

ところが、契約したとたん、それまでの担当者が転勤となり、新しく担当となったのが新人類社員O君です。
O君については…
設計Tさん、ついに外構も手がける

頼んだ資料を作ってこず、プランもいまいちなO君に業を煮やし、解約して他の業者を頼もうとしたところ、住林の設計Tさんに、
「私も協力しますし、彼も努力するので、とりあえず打ち合わせを継続させてください。」
と頼まれ、ぼちぼち外構の打ち合わせを行っていました。


ところが、12月の打ち合わせを最後にO君からの連絡は途絶えます。
いかにもO君らしいと気にも留めていなかったのですが、3月末になって家もかなりできたころになっても連絡がなく、さすがにおかしいと気づいたはちこが、生産NGさんに、
「ところでO君は?」
と聞いたところ、O君は病気になって退社していたことが判明。
しかも、O君の担当していたお客さんに対しては引継ぎが全く行われておらず、数十万円もの契約金まで払ってあるはちこ家は自分たちが尋ねるまで放置されていたのです。

詳しくは…
外構計画迷走す。



ようやく新担当者Mさんとの打ち合わせが始まったのですが、ここで問題頻発。

1.土の中から堀り起こした隣家の擁壁があまりに汚いので、モルタルを塗り、吹きつけを
  行う、と説明されていたのが、まず隣家の了承が得られていなかったこと。
2.しかも、モルタルを塗ることによって境界問題が発生する可能性があること。
3.更に、その擁壁の処理費用がなぜか別途工事として別料金に変わっていたこと。
4.車椅子用スロープの最後が庭の高さから30cmほど上げて部屋に入りやすくして
  あったのがO君の見積もりから漏れており、これも別料金になっていたこと。
5.ポストやライトなどO君が「サービスします」とランクアップしたものが別料金。


引継ぎがされていないばかりか、私たちに不利な形で料金が加算されようとしています。

打ち合わせメモを見せて、
「ここにサービスと書いてある」
「12月に来た最後の明細書では、トータルで料金のアップはなかった」

と言うと、

「それはOの精神状態が悪く、
冷静な判断能力のない状態で約束してしまったもので…」


お話になりません。

そんな判断能力の欠如した人を雇って、私たちの担当にしたのは緑化でしょ?
上司はO君の仕事を管理する責任があるはずでしょ?
というか、そんな人にお客さんを任せないでよ!

精神状態うんぬんを言うなら、契約前に社員の精神鑑定でもしたら?

O君のミスのツケをお客さんに持ってくるなんて、もってのほかです。

O君が病気になり、退社したと早くに聞いていたら、私たちも他の業者に変更するなど、他の手が打てたはずです。それなのに、こちらが問い合わせるまで連絡もなく、挙句の果てに、
「正常な精神状態でなかったから、そのお話はナシ」
とは………

住林ともだいぶ揉めた我が家ですが、緑化までこれでは、住友林業という会社を疑いたくなります。


呆れ果てたはちこが、2期工事の解約を申し出ると、Mさんが、
「どうすればいいんですか?」
と尋ねます。
今まで放っておかれた迷惑料をもらいたいぐらいですが、
「今の内容を、最初に請求された金額で。」
という点で折り合いがつきました。
私たちにとっては元の話に戻っただけで、何の得もない話なんですが…


家作り、とくに注文住宅は、家を作っていく過程も大切な思い出です。
できることなら担当者とは仲良くやっていきたいと思っていただけに、残念です。


にほんブログ村 住まいブログへ
「お湯はりを、ひまふ」

うちのNEWお風呂はお湯貼りボタンを押すと、こう言います。

そして、5分ほどすると、
「ちゃらり~らりら~らり~♪、もうすぐ、お風呂が、沸きまふ」

そしてその1分後ほどで、
「お風呂が、沸きました」

ムダに大声でしゃべってます。
音は消せるのですが、面白いからしゃべらせてます。

ところで、お湯はりを始めてから5分くらいで、
「お風呂の、栓を、確認してください」
といわれることが頻繁にあります。

以前の築13年のマンションでは金属の紐がついた黒いゴム栓を排水口に蓋していましたが、NEWお風呂の栓がワンタッチ。
このワンタッチが曲者で、かなりの確率で栓をし忘れ、
「お風呂の、栓を、確認してください」
と言われています。せっかく注意するならもっと早くしてくれ~。

私だけかもしれませんが、この2週間で4回も栓をしないままお湯はりをしてしまいました。
ガス代と水道代が怖い!

ところで、もうすぐお風呂が沸く、というアナウンス、本当に必要なのかな~といつも思ってます。
「お風呂に備えて準備せよ」、との親心(?)でしょうか。


にほんブログ村 住まいブログへ
             IMG_0723.jpg


吹き抜けから見たリビングです。
10畳はやや狭いかな…12~13畳は欲しいな、と思っていたのですが、ウチは1階に居室を2つ確保したかったので、リビング10畳がギリギリの最大限の大きさでした。
使ってみると狭い感じは全くしませんが、リビングでテレビを見ながらWiiFitヨガやビリーズブートキャンプをするにはちょっと手狭な感じです。
まあ、ビリーズブートキャンプしませんが…(Wiiも持ってないし…)

ソファもテーブルも、新婚時代からのもの。
ソファはちょっと小さいので買い替えたいのですが、わん太郎から
「まだ使えるでしょ!」
と買い替えの許可が下りません。

TVボードは以前にも紹介したDEVOTEという家具屋さんにオーダーし、目下、製作中です。

            IMG_0718.jpg



何度も書いていますが、うちはオイルチークの床材に惚れて住林と契約したのですが、オイルチーク、やっぱりいいです。

色は割と濃い目で重厚感があるわりには、濃淡があるせいで埃がほとんど目立ちません。
材が固いので、少しくらい物を落としても傷がつきにくいですし、水にも強いので台所で水ハネしてもすぐに拭けばなんということもありません。
表面に導管が出ていてざらつきがあるので、キズが多少できても目立たないのもよさそうです。



リビングの上は吹きぬけているので、照明は部屋の壁にブラケットやスポットライトをつけています。

「照明は天井、真ん中についているもの!」
という固定概念が染み付いていたはちこは、
「横から照らすなんて、部屋の真ん中が暗くないかな」
と不安でいっぱいでしたが、じゅうぶん明るいです。

吹き抜けてない部分にダウンライトが4つついているのですが、そっちのほうは(白熱灯で電気代がかかることもあり)ほとんど使ってません。
ダウンライトをつけると、ほんのり壁にあかりが当たってとてもいい雰囲気ですが。


しかし、スイッチ類をことごとく失敗したはちこ家。
ここでもブラケットとスポットライトが別々につけられない、という大ミスをやらかしてました。
ブラケットだけつけたい、とか、スポットだけつけたい、ということができません…
しかも、キッチンのほうから入るとき、ブラケットのスイッチがない…けっこう不便です。

現在お家を計画中のみなさん、何度も言ってますが、スイッチには気をつけてくださいね!


にほんブログ村 住まいブログへ
GWから新居に住み始めましたが、わが家は比較的温暖な地域にあるにも関わらず、家の中が寒いのです。
すっかり風邪をひいてしまいました。

今まで住んでいたのが鉄筋コンクリートの高層マンションで、夏もわりと涼しく、冬も外から帰ってくると「あったか!」と驚くほど室内の気温が一定でした。

新居に移って2週間ほど。
朝起きてくると朝日が入ってても寒い。夜もリビングのソファーで毛布をかぶってます。
最近ではあきらめてエアコンも何度か使いました。


原因はわからないのですが、
1.吹き抜けがある
2.24間換気システムのせい
を疑ってます。

5月とはいえ、夜になるとまだ寒い空気を継続して家の中に入れてるわけですから…

ちなみにスミリンの24時間換気、一級建築士の友人が、
「これは高級な換気システム使ってるね~」
と感心してました。

音が結構うるさいと聞いていて、神経質なはちこは心配してましたが、キッチンと2階トイレの吸気口はシューッという音が結構うるさく、またトイレ天井上の換気システム本体の作動音もかなりゴーッと聞こえますが、幸い寝室やリビングでは気にならないです。

ただ、吸気口や排気口がいかにもダサい感じで部屋の景観を損なってるかも…
換気口なんて展示場では気にならなかったのに……

とにかく一戸建ての感想は、「寒い」。
あと、「どこからでも侵入されるから怖い」。
シャッターは1階全部につけて正解でしたよ♪
                IMG_0637.jpg


お風呂です。TOTOです。

ウッディなパネルとタッチ水栓、水平ラインの整ったデザインに惹かれて採用決定。
お風呂の蓋が蛇腹式でないのも掃除しやすく、選択のポイントになりました。
住林オリジナルですが、差額が10万ほど。トホホ。

そんな見た目だけで決めたお風呂ですが、予想外に良かったのが魔法瓶浴槽です。

お湯の温度が6時間で2℃しか下がらない、という謳い文句だったのですが、
どういう条件下で実験したのかの記載がないので、うそ臭い!
と理系のはちこは疑っていたのですが、これがなかなか。

蓋をしておけば、かなり温度がもってくれます。
夕方、仕事から帰って夕食前の6時くらいにお風呂に入りたいはちこと、残業して帰って、一日の最後にお風呂に入りたいわん太郎にとってはありがたいお風呂です。

お風呂のあとは、浴室暖房乾燥機の『強換気』を1時間タイマーでまわしておけば、すっきり乾きます。
うちは、ガス併用住宅なのですが、ガスの浴暖は高くてつけられず、電気式の浴暖をつけたので、電気代が恐ろしいのですが、今月は実験ということで…。

タッチ水栓は便利なのかどうなのかちょっと不明です。
お風呂の拭き掃除の際に誤ってタッチ水栓に触ってしまい、シャワーの水をかぶってしまったはちことしては、「…………」
という感想です。ま、掃除はしやすいですが。


                 IMG_0728.jpg


脱衣所は、ちょっと失敗したところ。
作りつけの収納を作るつもりが忘れていて、タオル入れのキャビネットを買うハメに…

洗面台はやはり見た目で選んだINAX

収納が少ないと心配していましたが、2段に分かれている分だけたくさんはいりました。

              
                 IMG_0672.jpg

                 ↑引き出しの奥行きは狭いが、収納力はまずまず。

ただ、このINAX、洗面台の両脇が完全な水平でなく、ゆるいカーブを描いているので、せっけんや歯ブラシ立てなどモノを置いたときに何となくしっくりきません。

鏡の裏も全部収納になっているので、全部収納できるのですが、よく使うせっけんや歯ブラシまで収納してしまうと、いちいち鏡を開け閉めしなくてはならないので、ごちゃごちゃするのを覚悟で出してあります。
INAXを選ぶのであれば、そういったごちゃごちゃモノをどう置くか考えるべきでした。
(というか、うすうす気づいていたのですが、途中で面倒になって忘れたフリをしてました…)

脱衣所にはホスクリーンを設置したので、使ったバスタオルを干しておくのも便利ですし、洗濯機から出したものをそのまま干しておくのも便利です。

しかし、どうしてどの製品にも『製品の使い方』のシールがあちこちにベタベタ貼ってあるんでしょうね。
「電気が熱くなるので注意」
とか、貼っていただかなくて結構!
剥がす予定ですが、キレイにはがれなかったらどうしよう~と悩む今日この頃です。


にほんブログ村 住まいブログへ
               IMG_0643.jpg


リビングとダイニングキッチン、和室をつなげて30畳。

開放感と広さを求めて、この3つをつなげてしまいました。


オープンキッチンで、更にリビングから丸見え…
ズボラな私がこれを維持できるのか…と悩みましたが、やっちゃえ!という感じで導入しました。


10年ほどむか~しTVで、鳩山議員の奥さんが、
「キッチンのものは何でも収納して隠すのよ!」
と言っていた教え(?)を守り、キッチンには収納をたっぷり取りました。

・永大のキッチンカウンター(ミクオ仕様)
・サンウェーブのトールキャビネット
・階段下スペースのパントリー
・キッチン下の収納

こんだけあれば大丈夫だわい、とタカをくくっていたのですが…
…すでに満杯…

ピンチです。

食器をちまちま集めるのが好きなので、その食器。
CookDo!麻婆豆腐のもと&フカヒレスープが99円のときの買いだめ…

今後は買いだめを厳に慎まなくてはなりません。

リビングのソファからふと眺めると、冷蔵庫に妙ちくりんなマグネットや貼り紙。
今まで気にも留めなかったアラがやたらと目につきます。

その対策として、

               IMG_0644.jpg


オープンキッチンなのに、閉じることができます。
覚悟が足りない、といえばそれまでですが、イザというときに閉じたい。
設計士さんから、格子スクリーンも提案されましたが、冷房、暖房のことも考えて、スライドパーテーションをつけました。

ちなみにこのパーテーション、1枚9万円也。
積水ハウスで見積もったときは5万ほどだったのに…
イザというときの備えの扉に36万円。どうなんだろう…

               IMG_0721.jpg


ダイニングの脇にはPCコーナー。
コミュファの工事が2ヵ月後、とのことで、しばらくネットがつながりません。
お返事遅くなったらすみません!


にほんブログ村 住まいブログへ
GWに引っ越しをして、もうすぐ新居に移って1週間。

わん太郎の感想は、
「自分ちじゃないみたい。ホテルに泊まりに来てるみたいだね~~」

…ま、ホテルと違ってここは自分で掃除しなくちゃなりませんが…

はちこの感想は、
「掃除たいへん……」

新居で気を遣っているせいもありますが、以前のマンションに比べて床面積が約2倍。
掃除機だけでも大変です。


その中でも一番掃除に困るもの、それは、キッチンです。
続きを読む
引っ越しました。

アリさんが、文字通りアリのごとくワラワラとやってきて、あっという間に引越し完了。

当初、4トントラック1台、人員2~3人、という契約だったのに、何故かトラック3台に人8人。
しっかり養生して、もの凄いスピードでどんどん運ぶ運ぶ。
感動したはちこは、ついつい最後にチップをはずんでしまいました。

ネットの工事までかなりかかるそうです。
コメントにすぐにお返事できないことが多くなりますが、あしからず…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。