LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建築費のコストダウンのために、はちこ家でもいくつか施主支給をしました。


①ドアホン
住林の標準品はアイホン。2Fにも子機をつけると、6万ちょっとというお値段でした。
こんなもんかな~と思っていましたが、電気屋さんのチラシを見ていたら、
パナソニックどこでもドアホン3万ちょっと

というわけで、2~3万の違いですが、どこでもドアホンに決定。
庭やベランダにも持っていけるし、造設も可能で便利そうです。


②エアコン
住林に頼むと、隠蔽配管をしてくれます。
壁の中に配管を通すので、管が外に出ずに非常にスッキリします。
ただ、10年後、エアコンを買い替えるときにはもう隠蔽配管は使えず、壁の中に管を残したまま、今度は普通のエアコン工事になるようです。

住林の見積もりでは、エアコン4台(ナショナル、お掃除エアコン)で70万

電器屋さんでの見積もりは、エアコン4台(ナショナル、お掃除エアコン、2台はアップグレードで気流ロボつき)で50万

うちは吹き抜けがあるので、暖房のききを考えるとどうしても気流ロボが欲しく、施主支給にしました。
エアコンを施主支給して、住林に隠蔽配管をお願いしているブロガーさんもいるので、お願いしてみましたが、ダメでした。
けち~。

ちなみに住林オリジナルのナショナルのエアコンのカタログで16畳用となっている商品は、一般のカタログでは14畳用として売られています。

住林いわく、
「住林の家は断熱効果がいいので、同じkwでも充分16畳冷暖房できます」
ということらしいですが…


③照明
電気工事の必要なものは住林に頼みましたが、引っかけシーリングに自分で取り付けられるものは施主支給にしました。
だって、引っかけシーリングにカポッてはめるだけなのに、取付け費を取られるんだもん。

懸案だったダイニングの照明が決まりました。

私はルイスポールセンのTOLDBODに憧れていたのですが、3つで約10万円

TOLDBOD


ヤマギワ電気にわん太郎を連れて行き、実物を見せたところ、わん太郎も少し心が揺れたようですが、10万という値段にどうしても納得のいかないわん太郎。
「やっぱりもう一回コイズミのショウルームに行こう」
と連れて行かれたコイズミでいいもの発見。

ライト


見た目ふつうなんですが、これハロゲンランプなんです。

照明体験コーナーでハロゲンランプを実際に見せてもらうと、とにかく光の当たる部分が明るい!
きらめきのある明かりで、ものがくっきり見えます。
グラスに照明が当たるととってもキレイ。

はちことわん太郎は一目惚れしてしまい、電気代の高さやハロゲンランプの値段などランニングコストも考えず、決定してしまいました。

お値段は3つで2万5千円ほど。

まだ和室の照明が決まってませんが、お金もないし、当面、今あるものを使っていくつもりです。


にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
仕事が終わって、差し入れのパン買ってウキウキと現場へ。

しかし、今日は他の現場の手伝いなのか、誰もいません。

     いいもんね~♪
     鍵あけて一人でゆっくり見るもんね~♪


と、入り口の鍵を開け、さて玄関の鍵の入ったボックスをあけようとすると…

教えてもらった暗証番号は4ケタ
現場の鍵は3ケタ

閉め出されてしまいました。
トホホ…
続きを読む
工事が次々に進んでマス。

今日は入るとすぐに靴箱が登場していました。

kutu


当初オイルチーク突板の靴箱の予定でしたが、玄関が北向で狭いのため明るく見せようとギリギリ最後で白に変えたものです。

工事が始まってから
「やっぱりチークがよかったかな…」
と後悔していましたが、案外白もよかったです。ホッ♪
続きを読む
火曜日に2階のメイプル突板フローリングの施行が始まっていたので、

もうじきチークが始まる…

と思うと居てもたってもいられず、現場へ行ってきました。


玄関を入ると、玄関ホールはすでにチークが貼られ、養生されています。

そして入ってすぐのエントランスクローゼットに…!!


チーク



貼られてます貼られてます!!

続きを読む
蜂の巣ハウスのもうひとつのコンセプト(?)はスライドパーテーション

天井まである引き戸で、開くと隣の部屋との空間がひとつになって開放感がでる(?)、かな(?)と思ってつけたものです。

居間と和室の間にはミクオ仕様の白い引き戸3枚、居間とキッチンの間には光を透過するすりガラス状(材質はプラ)の引き戸4枚、と合計7枚。

このスライドパーテーションがバカ高い

積水ハウスでの見積もりでは1枚4~5万円のところが、住林では1枚9万円ほど。

同じようなものなのに何故か倍ほどの値段の差があり、7枚もある家では、提案工事費のほとんどをこの扉が占めることになってしまいました。
続きを読む
わが家の床は4種類のフローリングを使っています。


・1階は『コレで住林と契約しちゃいました』無垢のオイルチーク
・1階予備室は予算が切れて、オイルチーク突板
・1階和室の吊り押入れの下は和風にダークオークなぐり調
・2階はわん太郎希望のメイプル突板



振り返ってみると、微妙に突板が採用されているところに、予算と希望のせめぎあいの痕跡が見られます。
今となっては懐かしい思い出(?)です。
続きを読む
今日から棟梁Kさんの娘婿Tさんも入って、大工さんふたり体制です。
お二人とも北海道から一緒に出稼ぎにきていて、いつもタッグをくんでいるそうです。

「なんで今回は最初からタッグを組まなかったんですか?」

ウッカリ聞いてしまいましたが、本来、初めからTさんも入って工事をする予定が、
私たちが『工期を延ばせ!キャンペーン』をしたために、Tさんは他所の現場に行っていたそうです。
ホンマ、すんません。
続きを読む
オリコンチャートを見ていたら、引越し屋ランキングというものを発見しました。

こんなものにもランキングがあるのか、と感心しつつ、そろそろ引越し屋の手配をしようと、ランキングのトップ2であるサカイ引越センターアリさんマークの引越社の2社に見積もりをお願いしました。


何度も引越しの経験のあるはちこですが、以前、A社で引越しをしたところ、一人がバイト君でモップ1本をちんたら運んでいたりと役にたたず、一人暮らしの引越しにも関わらず、終了したのが夜中の11時、という苦い経験があるため、今回は自社スタッフのところに、ということでお願いしました。

引越しは5月2日のGW前の大安
3月の年度末よりはマシなものの、バリバリに高そうな時期です。

そして、うちには大型マッサージ椅子、ナショナルリアルプロXという難題が待ち受けているのです。

リアルプロ

↑こんなん。

マッサージ椅子はひどい肩凝リストのはちこの悲願で、2年前に父の退職金とわん太郎の募金によって購入したものです。
先に買った友人が、
「でかくて場所ふさぎで、買うと後悔するよ」
と親切にも忠告をしてくれていたにも関わらず、肩凝りのつらさに負けて買ってしまいました。

しかし…横幅82センチ高さ115センチ、寝かせると優に2m近くなる長さで、本当に置き場所に困ります。
そのうえ、新居では2階の主寝室くらいにしか置き場がないのですが、

本当に2階まで上げることができるのか…

という不安が…。

とにかく、見積もりに来てもらいました。
続きを読む
先日書いた無垢材のオーダー家具の店、DEVOTEに行ってきました。

田舎道を延々と走り、心配になるほど走った頃に道の脇にポツリと建つ小さな建物がその工房でした。
「うちは看板も何もないからわかりにくいですよ」
とお店の方が心配していましたが、付近に建物がそれしかなかったので、間違いようもありませんでした。


続きを読む
東京に学会で行ってきました。

東京なんて3年ぶり、という田舎モノのはちこは、見えない羽が生えたのか、途中からどこかへ飛んでいってしまいました。


今は雑貨屋さんに勤めている高校時代のお友達と、新丸ビルの雑貨屋めぐりへ。

そこで買ったもの…

箸置き



白山陶器の箸置きです。

白山陶器は創業1779年(!)の長崎県の陶器メーカーだそう。

シンプルモダンの流行で、白いシンプルな食器類がどこのお店でも売られていますが、白山陶器の陶器はやや青みがかって見える透明感のある白が素敵です。


次に狙っているのは、白山陶器の卓上調味料セット

醤油さし


醤油とソースのセットはよくありますが、はちこ家の食卓にソースの常備は必要ありません。
で、醤油+塩+胡椒のセットを探していたら、見つけたのがこれです。

小物や食器は比較的安いのでついつい買ってしまいますね!


にほんブログ村 住まいブログへ
家を建てると欲しくなるのは、家具・家電・小物類

はちこ家は3年半前に結婚したときに今の賃貸マンションに移りましたが、はちこが10年間ひとり暮らしをしていたため大方のものがそろっており、嫁入り道具として新調したものは、

・ダイニングテーブル
・ソファ
・食器棚
・冷蔵庫

の4点だけ。

お姑さんが嘆きそうな内容でしたが、
どうせすぐに一戸建てを買うし~
とあるもので済ませていました。





続きを読む
夫わん太郎の唯一の希望であった吹き抜け

6畳分の広さ、2階の南向き、

吹き抜け


いい感じの部屋でした。

言いだしっぺのわん太郎でさえ、
「ここ部屋だったらすごいいい部屋だね~」
って、アンタが吹き抜けを希望したんでしょ!!


その吹き抜けの仮設床が取られ、リビングの上が吹き抜けました

新吹き抜け


広い…

2階のほとんどがひとつの空間でつながり、流行の
『家族の気配のわかる家』
になってしまいました。

私の希望は静かなプライベート空間だったはず…

物音に敏感で、不眠症のはちこ。
誰かがリビングでTVを見ていたら確実に眠れなさそうです。

家族の気配だらけの蜂の巣ハウス。
どんな生活になるのやら…


にほんブログ村 住まいブログへ
お昼に現場に行ってみました。

棟梁は車の中で仮眠中。
起こすと悪いので、開いていた玄関から侵入して現場チェックです。

別に悪いことをしているわけではないのに、無断で侵入したと思うとドキドキです。
自分の家ですが…


1階の壁のボードがほぼ完成していました。

かべ


グッと部屋らしくなってきています。
それに、暖房も入っていないのに、部屋の中はあまり寒くありません。
断熱もバッチリの様子。

コンセントやスイッチの場所はこんな感じ。

スイッチ


ボードに切り込みを入れたところがちょっと雑(?)な感じですが、
「あ~、ここにコンセントつけたんだった」
と、設計のときの思い出に浸れます。

続きを読む
「外構に使うタイルのサンプルが来たら連絡します。
 また打ち合わせしてください」


という留守番電話からはや3ヶ月。

そろそろ家の形もできあがってきているのに、住友緑化の新人類社員O君からの連絡は途絶えています。

O君は『自分の部下だったら確実に怒鳴りたい男』
実際、部下でもないのに、はちこに何度か怒られているのですが…

詳細は…
設計Tさん、ついに外構も手がける
にも書きましたが、お願いしていたことは大体(確実に)やってこない、という困った担当者です。

O君のことだから、「連絡します」と言いつつ連絡が来ないのも彼らしい、と気に留めていませんでしたが、さすがに差し迫ってきたため、少し心配になり、生産NGさんにO君はどうしたの?と聞いてみました。

すると…
続きを読む
住林の無垢のオイルチークにすっかり心を奪われ、

積○ハウスの600万円の値引きも、
ヘー○ルのACLコンクリートも、
床暖房も、


何もかも投げ捨てて、住林(の床材)を選んだ私たち。


そんなはちこ夫婦の家にチークものが登場しました。

チーク階段


養生してあってよく見えませんが、チークの階段です!
つい頬ずりしたくなるような、なめらかな木目。
思わず頬も緩みます。



そんな私たちを悩ませるもの。
それはオイルチークの建具でした。


続きを読む
知らない間にカウンターが10000人を超えておりました。

いつもたくさんの人に見ていただいて、ありがとうございます!
雑誌ならば、読者プレゼントでもするところですが、残念ながらありません

ブログを始めるときに
「自分のことを書いて皆さんに見せるなんて…」
と迷いもありましたが、私も家を建てるにあたってたくさんの住林先輩ユーザーさんのブログがとても参考になったので、今から家を建てる方にも何かお役に立てたら…と思っております。


で、本日は第3回目の住宅性能評価のチェックでした。

今回の検査項目は断熱材です。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。