LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越しをすると疲れや心理的ストレスでウツになる『引越しウツ』は有名ですが、はちこの場合は打ち合わせがもうすぐ終わりに近づくにつれて『家ウツ』になってきました。

本当にこれで悔いの残らないプランなのか…
と思うと不安と焦燥が高まり、

「この家のコンセプトを説明してみてください!!」
と設計Tさんに無理難題を言ってみたり、
「バリアフリーはもう飽きた。
 家の中で転倒転落事故が起きるような家がいい…。」

と無茶なドリームに走ったりと情緒不安定で落ち着きません。

そんなときは楽しいことを考えよう、と兼ねてより懸案事項だったサニタリーグッズの案をまとめてみました。


にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
スポンサーサイト
きこりんグッズをくれないばかりか、紙袋さえくれないケチな住林。
仕方ないので、住林のショウルームに積水ハウスでもらった紙袋&バインダーで通っているはちこ夫婦ですが、それでもきこりんの紙袋をくれない強情なケチんぼうっぷりに脱帽の今日この頃です。


さて、外壁につける木調の付け梁
これを本物の木にするのか、木調ラッピングの梁にするのかウジウジなやむはちこ夫婦。

   詳しくは…
   MyForestの付け梁はウリなの?ウリじゃないの?(11月19日)
   http://kikorin85.blog118.fc2.com/blog-entry-46.html

どうしようどうしよう、と言ってる間に大事なことに気がつきました。

そういえば私、本物の木の付け梁を見たことナイ…

見たこともない物をどうするかなんて決められません。
(このため、私たちの通うショウルームには製品のサンプルが増えに増えて充実しました

さっそくちょっと遠いけれど一宮第2展示場へ行ってみました。

一宮




にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
打ち合わせも佳境に入り、だいたいの予算ができあがってきました。
契約時から間取りが大きくなったとはいえ、実に370万円の予算アップです
増えすぎです。

当初の予算から170万円もはみだしているのです。
さすがに減額に方針転換しなくてはなりません。
続きを読む
「どうもすいまて~ん」
の中間の発音で挨拶するのは営業Nさんからの電話のシルシです。

先日もかかってきました。
「奥さん、どうも夜分にすいまて~ん。
 外構工事なんですけど、隣から苦情がきまして。」


恐れていたことが、こんな早くに……!


にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
大阪の住まい博に行ったとき、三協アルミさんが、ブラインドシャッターの実演をしていました。

ブラインドシャッターとはその名のとおり、シャッターが、ブラインドのように開閉でき、風や光を通すことができるという優れものです。

ブラインドシャッター

※注:この写真は三協のではありません。

実はブランドシャッター、はちこ家にも2か所設置予定なのです。

ひとつは1階和室で、ここにはホスクリーンが設置してあり、雨の降りそうな日にはここに洗濯を干して仕事に出かける予定。
共稼ぎ夫婦ゆえの贅沢です。

もうひとつは玄関わきの洋室で、ここははちこの寝室予定地です。気候のいい時期は窓を開けて寝たいけど、1階だから開けっ放しはちょっとコワイ、という理由から。

ブラインドシャッターは電動になるため普通のシャッターの2倍以上のお値段で、わん太郎はあまりいい顔をしませんでしたが、兼業主婦の観点から絶対必要と考えて採用したものです。

にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
和室のほかに玄関のパースを描いてみました。

設計Tさんが私の描いたパースを見て、上手上手と褒めてくださったのでちょっといい気になっているはちこです。
営業Nさんに、
「普段からよくパースを描くんですか?」
と訊かれました。
描きませんよ…。
日常生活でパースを描く必要性がどこにありましょう…。


にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
昨日の打ち合わせは朝10時に始まり、終わったのが夜10時すぎ。
お昼の休憩30分ちょっとをはさんで12時間ぶっ続けのハードさです。
それでも、脱線、こだわり、思索、サンプル確認…とやっていくと、今日も設計Tさんの確認事項10項目のうち2項目くらいしか終わりません。

最後のほうは徹マン状態のテンパリ頭となり、飲み物の注文を取りにきた人に、
営業Nさん「僕、水割りで!」
はちこ 「私、生ビールとヤキトリ!!」
など、ほぼ飲み屋のオヤジ状態。
(もちろん飲み物はソフトドリンクしか出ませんが…)
そんな中、設計Tさんだけが物凄い集中力で細かい仕様を決めていきます。


10月に申し込んだローンが6ヶ月以内に融資実行しないといけないので、家の完成が4月を越えると6ヶ月を越えてしまいます。
なんだか計画どおりにちゃっちゃと家ができそうにないはちこ家は11月の金利が上がらなかったので、ローンを再申込みしておくことにしました。
「1ヶ月くらいオマケしますよ」
と銀行の人は言ってくれましたが、念のため再申込みしておくことにしました。
書類に名前を書いて印鑑を押すだけで完了。
「なるべく長い期間有効になるようなタイミングで書類だしときます。
 あ、あと、もうすぐ金利が2.1%から2.05%に下がるので、下げときますね」

三重銀行、めっちゃ親切です。

「銀行のローンがのびたんで、家はいつでもいいですよ~」
と余裕の私たち。でも設計Tさんは、
「9月のキャンペーンで契約した人は3月に引渡ししなくては…」
と念仏のように唱えています。
ノルマなんでしょうか。
でも毎回10時間の打ち合わせは正直しんどい…。

にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
毎回打ち合わせが遅々として進まず、当初の予定よりだいぶ遅れてきています。
その一方で、住林側としては
3月の決算までに引き渡したい
という思いがあるらしく、
早く決めて早く確認申請だしましょう!!
と焦らされている感じがひしひしと伝わってきます。

しかし、はちこは最近ブルーなのです。

にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
長い長い打ち合わせをしていると、堪え性のないはちこのタマシイは時々ぽわ~~っとどこかへ飛んでいってしまうことがあります。

先日の打ち合わせは雨どいについて。
うちには高性能雨どい、ジェットラインがつく予定です。

契約のとき、営業Nさんがしきりと、
「雨どいはサービスでジェットラインつけときますから!!」
とアピールしていたそうですが、はちこは全く覚えがありません。
覚えがなくてもラッキーなことです。
続きを読む
住友緑化のO君から電話がきました。
O君は若くて頼りにならなさそうなのですが、その実、本当にあまり頼りにならず、短気なはちこの不評を買っている若者です。

前任担当者K氏が契約したらすぐ「サヨナラ~~」と転勤になってしまい、代わりにきたのがO君なのです。
転勤になるんだったら担当しないでくれ!!

そういうわけで、2期工事は緑化と他社のコンペにしよう、と思っているはちこ夫婦。

しかし、今日のO君からの電話は朗報です。
続きを読む
わん太郎は新聞や雑誌を読んで、
「ブログというものは、必ず炎上する」
とかたく信じているので、このブログは夫に内緒なのです。

ところが、最近皆さんの建築ブログを見て、あまりの素敵さに
「わん太郎、ちょっとこの家見て!素敵~~!!」
と頻繁に見せていたら、
「はちこもこういうブログやりたいの?」
と聞かれてドキッとしました。
炎上せずに家が出来上がったら、わん太郎にも日記を見せたいと思っている今日この頃です。


わん太郎の材木熱はタチの悪い疫病のように続いています。
毎回、打ち合わせのたびに建材についての質疑応答を行うため、打ち合わせが進まないったらありません。

わん太郎の気掛かりはホワイトウッドです。
現在、日本の木造住宅の建材として広く使われている材木ですが、住林でも国産檜を使う柱以外の梁や大引などの多くの部分に使われています。

材木熱に浮されたわん太郎はまたしてもどこから調べてきたのか、
「主要構造材すべてに国産の材木を使う和楽ってありますよね。あれって幾らかかるんですか?」と言い出しました。

続きを読む
住友林業の住まい博に行ってきました。
大阪の京セラドームをどーんと借り切って、本物の家の構造体まで作っちゃうというこの催し、様々なメーカーのお風呂やキッチン、扉から外壁その他もろもろが実際に見れて触れられる他、インテリアコーナー、ガスvs電気の体験コーナーなど家に関するあれこれが一気に体験できるという貴重なイベントです。

2月に名古屋でも開催されるのですが、その頃にはすでに着工後。
「その時見に行って、変更があっても対応できないですよ~」
と営業Nさんにも言われ、近鉄に乗って2時間、はるばる大阪まで行ってきました。


住まい博

↑巨大なきこりんの浮かぶ会場。奥に実際に建てた構造物が…
 これは終わったら処分だそう。もったいない!!
続きを読む
夜、設計Tさんから突然の電話をいただきました。

「奥さん…申し上げにくいんですが、大変なことが…。
 CAD図面を作っていたら、とんだミスを発見してしまいました。」
続きを読む
住友林業のとても大きなウリのひとつとして、柱に国産の檜を使っているという点があげられます。

檜は法隆寺など古来から日本の建築に使われてきた木材で、松や杉など他の木材に較べて強度が強く、水分が少ないために腐りにくく、また白蟻にも食われにくいという特性があるそうです。

ところが値段が高いからか、手に入りにくいからか、現在大手HMが扱っている『木の家』で構造材に檜を使用しているものはとても少ないようです。
続きを読む
今までほとんど何もコストダウンをせず、ひたすら追加、追加を繰り返していたはちこ夫婦でしたが、初のコストダウンに踏み切りました。
2F子供部屋Aのシャッター取りやめです。

もともと2Fは南側に面した部屋(主寝室と子供部屋A)にしかシャッターをつけていませんでしたが、ベランダに面している主寝室はともかく、ベランダに面していない子供部屋Aからわざわざ侵入しようとする泥棒には、何をしても侵入されるだろう、という諦めからです。

「シャッターがないと、台風のとき、女のお子さんが、キャー!!ママー、怖い~~!って言うかもしれませんよ」
と設計Tさんが迫真のオカマ演技(?)で説明してくださいましたが、その時はシャッターのある部屋でみんなで寝ることとして、とりあえず、5万円の減額です。

ワーイ、ワーイ!!初の減額だ~~
と喜んでいたのもつかの間、図面をジーッとみていた営業Nさんからこんな言葉が飛び出しました。
続きを読む
はちこ夫婦が住林に決めた理由はただひとつ、
無垢のオイルチークのフローリング
をしてしまったからなのです。

住林にたどり着くまでに見積もりや打ち合わせをしていたHMは、S水とかH-ベルとか、モロ鉄筋の家ばかりでした。

実際いろいろな本や資料を読んだ結果、
鉄筋でも木造でも、大手HMであれば耐震性や耐久性は変わりはないだろう…
というのが、私たちの出した結論でした。
続きを読む
今日は地鎮祭でした。

神も仏も信じない、家相も全く気にしないはちこですが、中学校の時の国語の先生が
「地鎮祭をせずに家を建て替えたら、工事中に事故が多発した」
と言っていたのを思い出し、かたちだけでもやることにしました。

というより、三谷幸喜監督の映画『みんなのいえ』で地鎮祭の場面で、小さく盛った土を施主が「えいっ、えいっ!」と鍬を入れるシーンを見て
やりたい
と思った、という単純な動機です。


そのことを住林ショウルームで話していたら、担当者さんに、
「うちの契約している神主さんは2人いて、この地区を担当されているかたの儀式には鍬を入れる儀式はありませんよ」
と言われてガックリ。どうやら宗派(?)などによってやり方も色々なようです。

その代わり、酒飛ばしの秘儀が見れますから、と励まされて(?)とりあえずそれを楽しみに当日に臨みました。
続きを読む
お風呂とトイレの打ち合わせをしました。

お風呂は最初は日立の住林オリジナルを選んでいました。
お風呂をとにかく広くしたいわん太郎の希望で、5万円ほどの追加で、風呂場と脱衣所の壁を薄くして、一坪の1616タイプでも1618タイプの広さ、15センチほど洗い場が広くなる、というオプションをつけていました。

しかし、風呂場のアクセントウォール以外はすっきりとした白がいい、というはちこには、日立の壁の色はちょっと色がつきすぎています。
風呂の蓋も従来の蛇腹(?)のようなタイプで、隙間ひとつひとつを古歯ブラシでこすって黴を落とすのもちょっとブルーです。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。