LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にショウルームでの打ち合わせ。
打ち合わせ好きのはちことしては嬉しいかぎりです。


まずはインテリアから…

先日、誤発注の本棚を納戸につけてもらって、いきなり書斎に昇格した納戸。


納戸だったころの名残りで、蛍光灯むき出しの安いやつがついていたので、シーリングライトに変更しました。


denki1

↑むき出し蛍光灯

電気

↑シーリング

お値段は4倍ほど。
しかもむき出し蛍光灯がすでに手配済みだったため、キャンセルできず、完全な追加料金になってしまいました。
続きを読む
スポンサーサイト
みなさんにアドバイスいただいた、工期問題。
51.8坪の家を84日で建てられるか~~!!問題。

あまりのひどさにはちこは寝込んでしまい、このままではうつ病にもなりかねない、と解約まで考えましたが、ついに住林から返事がきました。

返事というより、営業Nさんと設計Tさんが家に来ました。

「上とも相談しまして、今回は工期を長く取らさせてもらうことになりました。」

やった~~~~!!!

「つきましては、もうこれ以上、予算の都合をつけることができなくなりましたので、工事開始からの変更や、部品を搬入してからの返品はナシにさせてください。」


???
入ってから、これはイメージと違うということはよくあることなんでしょうか。
よくわかりませんが、ここは譲歩しなければならないようです。
あとで「これは違う!」ということにならないように、再度、設計Tさんとひとつひとつ確認することにしました。

ここで思わぬ質問が…
「ところで、工期なんですけど、何日がいいですか???」

知るか~~~!!
工期が何日なんて、専門の人がちゃんと考えて割り出すもんでしょ。
素人が決めるもんでもない。
「それは、住林さんのほうで、標準的な日数で決めてください」
「じゃあ、4月末か、5月の連休明けくらいになりそうですね。」

普通にやったら、それくらいなんじゃん!!

今回のことで、住林の会社の体質がよくわかりました。
同じようなことで揉めている方からもメッセージをいただきましたが(その方も50坪弱で工期が100日前後)、会社の決算のほうばかり向いて、顧客の大切な家のほうを向いていないということが…。
これは営業マンのせいではなく、営業マンをそうさせている会社のせいだと思います。
(思いあまって住林の社長に手紙を出そうかと思ったほど)

最後に、
「やっぱり84日というのは無茶するつもりだったんですね」
と問い質してみたかったのですが、これ以上Nさんを追い詰めるのも忍びなく、聞くことはできませんでした。

きっと84日でも何とか家は建つのでしょうが、丁寧な仕事は望めそうにもありません。

現場の看板にある、
事故は無理と油断から
この言葉をもう一度噛みしめてもらいたいものです。


にほんブログ村 住まいブログへ
きちんと数えたら、うちの家は51坪を84日で建てることになっていました。

先日、みなさんから実際にかかった工事日数を教えていただきましたが、その結果、

延べ床面積と、かかった日数は、
    35坪→91日
    35坪→109日
    41坪→100日
    47坪→135日
    48坪→132日
    50坪→150日

となっていました。

これで、51坪→84日がいかにおかしいことかは、ド素人の目で見ても一目瞭然です。


にほんブログ村 住まいブログへ
続きを読む
住林が近所で宅地分譲をしているので、工事現場を見に行きました。
一部は建築条件付き、他は建売となるらしく、工事はどの家もちょうど上棟が終わったくらいのようです。

住林の建築現場は初めて見るのですが、建売を見ていると

………ん?

柱にお得意の住林マークがありません。建売は木材は檜ではないようです。
しかも耐震のためのクロスパネルも使わず、Dパネルというものが嵌めてありました。

HPには檜やクロスパネルのことを散々書いてあるのに、建売では安い仕様にしてるのはちょっといただけない…。


ところで、私たちの家は来週着工3月下旬に引き渡しの予定です。
他のブロガーさんを見ても150日くらいかかってる方も多いのに、51坪で約100日…。

営業さんは、
「当社の規定では一日2坪の計算なので大丈夫」
と言うのですが、突貫工事が心配です。

分譲地にもう上棟している注文住宅があり、工程表が貼ってあったので見ると、
11月中旬に着工して、引き渡しは私たちと同じ3月下旬………

どういうことよ?

かたやもう屋根にシート貼っている家、かたや来週から基礎をうつ家。
どうして同じ時期に出来上がるのか説明してもらいたいところです。
みなさんのお家はどれぐらいの工期でしたか?

決算だからって焦らないでほしいです。


にほんブログ村 住まいブログへ
先週末ついに着工合意しました。

まだまだ検討が足りないところもありそうですし、不安はつきませんが、3月末の決算のためか、
「さあ!さあ!!さあ、さあ、さあ!!!」
と歌舞伎のように着工合意に押し切られてしまいました。

書類に印鑑を押す段になって、営業Nさんが使い込まれて擦り切れた印鑑マットを差し出してくれたので、
「この印鑑マットで何人の人を泣かせてきたのか……」
と呟いたら、失礼な、と怒られました。

着工合意は家が建つまでの第一歩と考えれば嬉しいはずなのですが、なんだか虚脱してしましました。

何でかな~、と考えてみたのですが、
今まで借金などなく気楽に暮らしていたのが、いきなり3千万という大きな借金を背負ったから
ということに思いがいたりました。

しかし、ほんとうの一番の理由は、
この3ヶ月間、本当に家作りの好きな人が集まって、家の話をしていたのが終わるのが寂しい
からなのかもしれません。

打ち合わせを10時間ぶっ続けでしたりして、長すぎると文句も言っていましたが、私は真から
打ち合わせが好きだったようです。
願わくば、家を建てずに家の話だけしていたかった……(無理か…)


大学受験のとき物理が苦手で建築学部を諦め、生物系に進んだ私ですが、今回の家作りで、
やっぱり仕事をやめて、建築を学びに行きたい!熱が復活してしまいました。
わん太郎には、
「ローン始まるんだから、夢みたいなこと言ってないでチャッチャと働きなさい!!」
という冷たい視線が送られていますが。

あとは建てるだけです。
机上の空論が現実になります。
楽しみ8割、不安2割ですが、感慨深いです。


にほんブログ村 住まいブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。