LOVE★きこりんの家作り

住友林業でなんちゃってバリアフリーのおうちが建ちました!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
               016.jpg


流行っていますね、マトリョーシカ


はちこ家では、三十ウン年前の幼少のころから、父のボーナスが出ると必ず名古屋のロゴスキーというお店にロシア料理を食べに行くのが恒例行事でした。

いま思うと、フランス料理でもなく、中華料理でもなく、なにゆえにロシア料理というチョイスだったのか全くわからないのですが(実際、毎回連れて行ってくれた両親も、今となっては何故ロシア料理のお店を選んだのかわからないという始末…)、とにかく、子供時代に食べたロシア料理は全体になんだか酸っぱくて、パンやクッキーはボソボソしていてあんまり好きなお料理ではありませんでした。

それでも、一張羅を着せられ、靴もピアノの発表会で買った革靴なんかを履いて、松坂屋のオルガン広場で仕事帰りの父と待ち合わせして行ったロシア料理は、こども心ながらにとても高級で特別な感じがして、酸っぱいだのボソボソしているだの文句を言える雰囲気ではとてもありませんでした。
(現在、名古屋駅前に移転したロゴスキーはとてもリーズナブルなお店なので、当時も高級であったかどうかは不明ですが。)

そんなロゴスキーに飾ってあったのが、大きなマトリョーシカ。
今、日本で大人気のかわいらしいマトリョーシカと違い、かなりバタくさい女性の入れ子人形が数十個もズラッと並んでいた、というのが、私のマトリョーシカ原風景です。

というわけで、強烈なマトリョーシカ原風景を追い求めるかのようにマトリョーシカ収集に走って十年弱。
雑貨屋はもちろん、なぜか北京の屋台で発見したり、お友達にプレゼントされたり。

         018-a.jpg

            
一部ですが、うちのマトたちです。
日本で大人気の東京マトリョーシカから、チュブラーシカ・マト、ひょうたんつぎマトまで、いろんなマトリョーシカがあるもんです。
もしかしたら、日本のほうが本国ロシアよりマトリョーシカグッズの種類は多いかも…と睨んでいるはちこです。


そんなマトリョーシカ好きが昂じて、ついには自作マト・グッズも…。

                  012.jpg

胸元に燦然と輝くものは…

                  056.jpg


ジャジャーン!
手作りのマトリョーシカ・ブローチです♪
最近では、マトリョーシカ蕎麦猪口を作ったりと、マトリョーシカグッズは買うより作るほうが多いかもしれません。

しかし、かわいい顔といい、まるいカタチといい、マトリョーシカは和みますね~♪


世界一周雑貨バイヤー応募中!
応援してください!


 
 

こんなヘンなのも…
 
 

自分でマトリョーシカの絵付けができます!
私も持っていますが、失敗が怖くて、絵付けができない!
スポンサーサイト
世界一周雑貨バイヤー応募にエントリーしたので、しばらく雑貨話続きます(スミマセン!)

そもそも、お料理はするのも食べるのも大好き、それゆえ、どうせお料理を盛るなら好きな食器に盛りたい、とまたまたカタチから入るはちこは、結構な食器持ちです。

お家が建ってからは、大きな食器棚を作りつけたので、陶器市や陶器イベントなどをまわるスピードが更に加速し、あれこれ買った挙句、すでに食器棚は満杯になってしまいました。


昨年手に入れた食器の中のスマッシュヒットは…


                  008.jpg


Colditz Porzellanのクリーマー。

             007.jpg
                                                    ↑底にCPのマークが。


Colditz Porzellanは旧東ドイツ(GDR)の陶器メーカーで、何とも言えないレトロな風合いのデザインがツボです。

私は潔癖症なのか、あまりユーズドが好きではないのですが、とある雑貨屋さんでコレを見つけたときは、あまりにキッチュでかわいいので即買いしてしまいました。
コンディションも良好で、千円なら買いでしょう!!

現在、本国ドイツでもGDR製品がそのレトロなデザインが大人気だそうで、蚤の市でも結構な売れ行きなんだそう。
陶器はもちろん、家具やファブリック、電話機などの家電まで、さまざまなものが売りに出されているものの、かなり品薄になってきているようです。
ああ~、早くドイツに行って蚤の市をハゲシク覗いて歩いてみたいものです。


ちなみに、もしこれが手に入っていなければ、買っていただろうクリーマーはコレ。

白山クリーマー
 
白山陶器のMシリーズです。

白山陶器は好きすぎて短文では紹介しきらないので、後日改めて書くとして、このMシリーズのシンプルさもイイ!
これも1973年代に発売されていたシリーズの復刻版なんですが、70年代のデザインの素晴らしさには脱帽、という感じです。


↓世界一周雑貨バイヤー応募中です♪
応援してください!


 
 
 
 
 
 こんなのも好み♪です。
…うう!雑貨バイヤーになる前に買ってしまいそう…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。